二代労女人一代、三伏にくらべ、一代後半が二代前半よりざっと一一一万人多い。したがって、同年齢川、では山性人口が久性をよ川っていても、別性の過剰は三から五歳年静左のある結断て解消されることになる。この数年、ぷ組になった児余りも、二代男性の動向によって変わる可能性が大きい。男性の結婚難が続くとすれば、山出力女の年齢差や適齢期へのこだわりに加えて、結時に対する女性の意識変化であろう。総理府の「女性に閲する世論調資」によれば、おすすめ 出逢い アプリ で出会って「なんといっても女性の幸福は結婚にあるのだから結僻したほうがよい」に質成する女性の制令は一九七九(昭和五問)年の三二・問%から一九八州(昭和札九)年が三0・問%、一九八七(附利六二)年は二八%と徐々に減少し、逆に二人h止ち、できればあえて紡僻しなくてもよい」は、二二・八%、二川・一筏二阿・一二%と柄加している。調伐の制作者には蹴時打も合まれているから、川和川本は未婚女性の点リω識とは災なるが、女性への結路プレッシャーが弱まっているのは認められる。男余りになっている三代列性の小からはシングル志向も芽生えている。彼らの考え方や恋愛、離掛体験は『男たちの非時時代』で制介したので行くが、今同改めてインタビューした三五歳の男性二人は、三代半ばを称して、こう話した。「慌たちの此代は川塊と新人類に挟まれて社・ム的にアピールするものが少ない。川沈の叶一代ほどれ己、.k阪がなく、二五歳以下の新人矧みたいに遊びを小きがいにもできない。小中第一章約械化に抗日れる::愛と結締伎の時、京ボオリンピックぞテレビて比て、一日川校時代に大学紛争。『大学へ入ったらやるぞ』あおりと思っていたら何もなく、内ゲバだけ。府本笠る頃は、第一次オイルショックの一似て就職雌。川年代でけ立った人とパえば、山川向恨の永野一引と投資ジャーナルの小一汀滋樹、深か〈ぜいい川通り白紙殺人の川股不可。金と党問削にいかれたやつら。そして、今は川余り、いいことがあまりない険代ですよ」ところが、同年代の女性はこう切り返す。「そんなOOこない。私たちの世代にはユーミン(松任谷山美)、中仏みゆきがいる。高校生の.頃、ウーマンリブがあって、円以初はちょっと舷抗感じたけど、人ーは全然ない。就職は大変だったけど、転職して自分にう仕事守けんつけている友達が多い」しゅうえん一九七三(附和問八)年、第一次オイルショックを受けてい川度経済成長が終叫んサ引性が一社会の下です。

受税者資格に未婚、版婚は問われなかった。川崎持者が二制以上おり、彼らのほとんどは地方自治体の結婚相談所、社会教育担当者、て、dunv問、。コ一カ月に人、山’心は。ハナモクに、述くは長野県から上点して山府した必咋は、’性学、社会午、心開学のい専門家や柏神科、産財人科の医問ジャーナリストによるテーマ別抗義が小心で、その内絡は、受講生のひとり、京以新聞記者の手で同紙に大部分が製約制介されたそして、山川和夫れない労た平||成熟とは何か」をの写く講座の記録はの印章』(三行堂)仁収録され、をめぐる学説の述いが、-フ凋整されるのか疑問が・説いたが、それよりも受講生の受・化め。・京大保健センター刷所長の講義四月に山服されている『花婿学椋いい男になるため。昨年秋、案内小冊子で講賂テ!?そけんた時は、-火性学と心開学のん円立や成熟、。方に興味をそそられた受排他のひとりに店出を聞いてみると「かなりショッキングだった」と・パうので、講山内受講品川の悦成概念講座で学科した内.絡がぶつかったのかと確かめると、「いや、男の先牛女の先生で訴が述うので混乱した。講義は一応理解したつもり。しかし、実際、つき合う火性が判を考えているのかは、わからないから勉強したことが役立つかどうか」と話しながら、ル民性川・「と精神分析、心理学の解釈の違いを質問されたので「どちらが納得‘できるかは、円分で選択するか、時と州場人口によって使い分けするしかない」と断って、一例そあげて説明した。~-・悦科i化にお}れる?岱愛と結節「大人にな子育て咋-たとえば、成以…。心学、制仰阪中では大人になる成熟ぞ制神先述の社会化として、’己中心から他者の与え方を取込んでいく過程に焦点を当て、生物学的性差を荒.袈祝する。母親と千供の関係がぷ未・になり、礼幼児は付税の愛加をたっぷり受ける・』が必要となる。理論のもとを完成させたフロイトは男性優位のイデオロギーを疑わなかった。一点、火性学は火性の視点であらゆる中問、丸山説を兄抗し、生物学的性差よりも例性を主要祝する。女性のアイデンティティに、ステレオタイプの女らしきそ求めず、男性社会の文化がつくり出した火性像は抑川であるとして、無川にAHわせず、しぶ引する例性を比崎市.する。,と引のパートナーシップを築くためには、山山尚以外の性別役訓を必える相以来人れを主鋭、山口川んにも防相叫にかぎらず、出火一向ゎ々が係わるのをすすめる。

代って近年は集団見合方式が盛んであ第一意情報化に知れる恋愛と紡餅アルトマン等を結掛情報日アパートとすれば、パーティ・スタイルの集問兄いは、いわば得門店。会以の出身大学や職業を限定しているところが多い。なかには「オールけ十店」「オール京大」とまるでラグビーかボートの対校戦とまちがいそうな、川力性の山身大学別のお兄ANいパーティが、「サロン・ド・ヤッピ」主慌て附かれている。そのまま漫画に登場してもよさそうな、み|ミングである。そして、とうとう会員一万円の「スーパーエリート・コlス」も登場している。会の呼称は「上野の森・口、ダンの会。彫刻鑑賞のサロンふうに斡くが、お金と叩力が余ると、世の中こうなるのかと、あきれる。しかし、結婚情報産業に惑采りした商法も目立ちだした。ペーパーカンパニーの乱立て、一九八八(明和六三)年に、作地の凶民生前センターに持ち込まれた昔前計は七二五件を数え、大幅に榊加している。昨年一月に、-第一東京ー弁護士会が的資者問題の一環として「結婚紹介トラブル二O番」を二円間附設すると、二二三件の相談や苦情が集まった。男性九四人、女性三九人からで、ここでも三代が四六人と三割を上回っている。いちばん多い苦情は「商談、お見合いを希望したが一度も会えなかった」ケスで三九件(男性三四)、次いで「お見合いをしたが、相手に結婚の立図がない」三三件(男性二三てそのうちの一一人の相手はかサクラ人またはかアルバイト\であった。悪質なのは、卑T}iifl介る万円を支払わされたと訴える人もあった。電話を受けた弁護士の士口森照夫代表は、こう話していた。「悪質なのは詐欺商法に入るが、支払った金額がたいてい三された火性との辿給の行き述いから業者と三日い争いになると、マンション内にある会社のつぷて隣室へ辿れて行かれて約された例や、会政を払い込んでも梨の礁、あるいは会から四万円、て、桐人が払だまえない金額ではなく、払った後、輔されたと法的手段をとれば世間がかかり、結向、支払ったお金は取り民せないから泣寝入りになる。それに、結川町制報産業を利用していることは、他人に知られたくないから、刷りにも公けにも相談しにくい。引行の法作では、この砲の常業を監科する山口斤がなくて、野放し。屯訴を受けても、内山令は法作相談よりも、昔前、柿報提供のほうが多かった」こういったトラブルがマスメディアて紹介され始めたために、車爪都は昨年七月に消州民生活条例を改正、結婚情報産業に不適正な取引行為があった場合、立入り調査や勧告を行うとしている。

インタビューした代別性二五人は説も「紡賠柿報版業を利川しでも相手を探したい」と-一一円わなかったが、全日刊か社名は知っていた。その実状を制介しておく。アルトマンの八九年一二月の会只数は、同性一万五四O六人、女性一万二八一一人で、男性が五四・六%を占めている。年齢によって会員の「コ1ス」が定められており、男性三九歳、女性三四歳までが、都会型、地方型の二つに分けられ、一八カ月間の登録会費は都会型で男性が二二男性のは六万ヒ八OO円(同)うが向い。会日以になると、け二川、三通の相手紹介データが店き、お互いのホリ山向が一致すればお凡いとなる。川社内に設けられているアルトマン研究所の宇治点泣・主任研究以の説明では、二代火性会此は、山地--後半でガラリと態度が変わる。二代前半のニ二歳くらいまでは「いろいろな人を知りたい」とよ行ん令いゲlム。を楽しむ感什匂ところが、二O代後半になると防相続が川町して、求める相手の職業、学時、年収等共体的希望条件を花べる。「問りにいい引性がいないので、広く当って山会いの機会金探したい」と訓り切ったふう。会Lしが結節すると、れーし中止けをする取り決めになっているが、報告しない人もいる。そして「入会して結舶に至る可能性は三訓前後と考えていただければ」と。「アルトマン結婚白剤」一九八九年版によると、会見プロフィールは、年齢が男性は二七から三二歳、女性二五から二九歳に集中しており、男性の九0・二%、女性の八三・問%がサラリー・パソンで、男性の職種は技術系(合医療機関)が四凹・五%と高い訓AHを占めている。年収は男性の過半数が凶OO万円以下、女性は七割以上が二一万円以下で、学服は別性の五一%が大学、大学院本業、女性の四四・一%は短大卒。そして、男性の六七・六%が長刻、’性は七一・問%が長女、でか長男・長女社会。を反映している。男女の身長も折れ線グラフで公表されているが、羽性の一六0センチ以下はゼロになっているかμm第一章的拘i化にThiれる'.~:愛t紡鈴ら入会資絡が川われるの.であろうか。たμ』実際に入会すると、どんな経緋を辿るのか。一九八八(附和六三)年、三二歳の時、全日以AquMしたあるメーカーのサラリーマンに聞くと、彼は体験談を-話、て話してくれた。昨年秋に結航した彼は、コδ践的のけんかけ三年間、郷虫、て数川お見合いをした。「交際したいと思った人には断られ、フィーリングが令わない人は断った」。

その結果、母親から、仲人に頼むのも断るのも大変と聞かされ、「自分、て探す」と宣言した。そして、アルトマンに入AEム。「拙初に耐桜があって、澗先表に佃人デタを記入し、性絡判断や心理テストみたいなのを延々とやらされた。後からその結栄が送られてきた。結燃のチャンス皮が記入されていて、伐はあんまりよくなかった」。それでも、いよいよ相手を初介してもらう段になると「どんな人がくるのか、楽しみでワクワクして最初は張り切った」。ところが半年も経たないうちに「誰が誰だかわからなくなって彼れた。もう而倒くさくなって休止した」結・向、彼は高校時代の卓球部で一緒に汗を流した同級生の紹介で、彼女の従妹お見合いをして半年後に挙式した。「ほ叙が持ってきた見合いは、周りがあれこれ口を出すからプレッシャーになった。けんいのたびに帰郷するのも大変だったし。アルトマンの制介で会った女性は、どうも組しみを感じられなかった。川級生から利介された時は彼雑なれ持だったが、一店の知り人いがいる安心感がめって、リラックスできた。彼女も侠もべ夕、て、黙っていても気持がそう述っていないみたいだったから、いいんじゃないかつて。仲人は同級生じゃなくて、父親の知人。口火山だから郷虫、て式をやりました」結婚約報産業は、お比い相手の紹介が竹本だから、その数が売り物になるの、であろうが、屯訴の主が話してくれたように、次から次、てはゆっくりつき合う余絡むない。そのせかげいか、昨年あたりか-会員数が伸び悩んで賜りが見え始めると新たな展開が繰り広げられている。業界中堅のマック幻(会員数六人)は、会員にテレビゲム機を購入させ、記憶装置のコンパクトディスクを配布し、テレビゲムのように相手をピックアップするシステム守導入して会此を柄やした。また大手のツヴアイは、親会社スーパー、ジャスコの取引先食業と椛州制して、同体加入によって会以数を急榊させている。アルトマン・システムと呼ばれる、結時の適性診断プログラムを開発した問、ドイツの社会学者、ハンス・ユルゲンス氏によると、キリスト教の生出一夫一財制の思想は、結師生活が八から一年、て終った短命の時代に出現した。長寿社会の現夜、結婚生活は半世紀以上競〈可能性が大いにある。そこで、コンピューターを使用した科学的分析も併用するほうが合理的と、システムがつくられたが、準花されると会員数紹介数を優先させる結巣になり、人の情緒とかけ離れてしまっている。

引っぽさを支えたロマンを失って協を市くしたのに対して、’性は一九七五(附利五)年の同際財人年に続いて一九七六(川和五二年にスタートした凶述財人の一年で海外から影響を受け意識を変え、産業の構造変化もあって社会進出をした。士δ代半ばの世代は、男女の力関係が変化する過渡期にあったのが特徴的である。彼らが引在二代後半になっている世代に与えた影響は無視できない。男性は女性に圧倒され、峨業に対しても掠れている。インタビューしたこO代社会人一八人のうち、六人が転職をしており、大企業のサラリーマンを就けている人もいちばん考えるのは、白分の職業、企業適性という。そして結締適齢期というな識はきわめて薄い。大手の都市銀行に助める山川兵一さん(二八)は、「給料はいいけど、仕事はきつい耐・円くもない。給料よりも、このままこの仕引を絞けるかどうか、会社にいるかどうか、それが先決。多分やめられないと思うけど、そう思うと時い」行貨店の外耐をしているね出犬さん(二ヒ)は、「淵よく売れる時は、自分に令ってると思うけど、全然先れなくなると、転職するとか内勤に変わったほうがいいかなって考えてしまう。恋人も欲しいし、結締のことを考えることもあるけど、人考えても仕方ない。自分がまだよくわからないんだから。川川かきっかけを摘まなくっちゃいけないんでしょうね。すっきりするためには」はた傍目には、何を考えているのか、いないのか、あやふやで頼りなく映るが、訴をじっくり聞くと、心の揺れが見え隠れする。男女関係が大きく変化した過渡期が続いているうちに、世界的な変動期を迎えた。ところが日常は管理、ノルマの職業生活中心である。一一代男性は見えない先行きと自分の将来に期待、自信が持てず、男女関係をどうつくればよいのか模索するばかりである。第一章情報化に揺れる:E:愛とが,結婚情報産業の隆盛とトラブル男性過剰や女性の意識変化、社会進山なとて、日本人の批判服組が変わり始めた頃、牧場したのがコンピューターにインプットしたデータベースをもとに適合性診断をシステマティックに行って、お見合い相手を紺介する結婚梢報産業である。アルトマンに代表される大手六社が六O%のシェアを占め、、二兆円市場、年商二五億円と推定される。社名がコンピューターを利用する結婚柿報産業の代名詞によてなったアルトマンは、一九七七(附和五一一)年一一月に常業を開始、一九八九(キ成元)年までの八万八四OO円(合消波税)、女性がこO一O登録会員数は約二O万人一二年間に二万問O組のカップルが誕生発表している。

二代労女人一代、三伏にくらべ、一代後半が二代前半よりざっと一一一万人多い。したがって、同年齢川、では山性人口が久性をよ川っていても、別性の過剰は三から五歳年静左のある結断て解消されることになる。この数年、ぷ組になった児余りも、二代男性の動向によって変わる可能性が大きい。男性の結婚難が続くとすれば、山出力女の年齢差や適齢期へのこだわりに加えて、結時に対する女性の意識変化であろう。総理府の「女性に閲する世論調資」によれば、おすすめ 出逢い アプリ で出会って「なんといっても女性の幸福は結婚にあるのだから結僻したほうがよい」に質成する女性の制令は一九七九(昭和五問)年の三二・問%から一九八州(昭和札九)年が三0・問%、一九八七(附利六二)年は二八%と徐々に減少し、逆に二人h止ち、できればあえて紡僻しなくてもよい」は、二二・八%、二川・一筏二阿・一二%と柄加している。調伐の制作者には蹴時打も合まれているから、川和川本は未婚女性の点リω識とは災なるが、女性への結路プレッシャーが弱まっているのは認められる。男余りになっている三代列性の小からはシングル志向も芽生えている。彼らの考え方や恋愛、離掛体験は『男たちの非時時代』で制介したので行くが、今同改めてインタビューした三五歳の男性二人は、三代半ばを称して、こう話した。「慌たちの此代は川塊と新人類に挟まれて社・ム的にアピールするものが少ない。川沈の叶一代ほどれ己、.k阪がなく、二五歳以下の新人矧みたいに遊びを小きがいにもできない。小中第一章約械化に抗日れる::愛と結締伎の時、京ボオリンピックぞテレビて比て、一日川校時代に大学紛争。『大学へ入ったらやるぞ』あおりと思っていたら何もなく、内ゲバだけ。府本笠る頃は、第一次オイルショックの一似て就職雌。川年代でけ立った人とパえば、山川向恨の永野一引と投資ジャーナルの小一汀滋樹、深か〈ぜいい川通り白紙殺人の川股不可。金と党問削にいかれたやつら。そして、今は川余り、いいことがあまりない険代ですよ」ところが、同年代の女性はこう切り返す。「そんなOOこない。私たちの世代にはユーミン(松任谷山美)、中仏みゆきがいる。高校生の.頃、ウーマンリブがあって、円以初はちょっと舷抗感じたけど、人ーは全然ない。就職は大変だったけど、転職して自分にう仕事守けんつけている友達が多い」しゅうえん一九七三(附和問八)年、第一次オイルショックを受けてい川度経済成長が終叫んサ引性が一社会の下です。

受税者資格に未婚、版婚は問われなかった。川崎持者が二制以上おり、彼らのほとんどは地方自治体の結婚相談所、社会教育担当者、て、dunv問、。コ一カ月に人、山’心は。ハナモクに、述くは長野県から上点して山府した必咋は、’性学、社会午、心開学のい専門家や柏神科、産財人科の医問ジャーナリストによるテーマ別抗義が小心で、その内絡は、受講生のひとり、京以新聞記者の手で同紙に大部分が製約制介されたそして、山川和夫れない労た平||成熟とは何か」をの写く講座の記録はの印章』(三行堂)仁収録され、をめぐる学説の述いが、-フ凋整されるのか疑問が・説いたが、それよりも受講生の受・化め。・京大保健センター刷所長の講義四月に山服されている『花婿学椋いい男になるため。昨年秋、案内小冊子で講賂テ!?そけんた時は、-火性学と心開学のん円立や成熟、。方に興味をそそられた受排他のひとりに店出を聞いてみると「かなりショッキングだった」と・パうので、講山内受講品川の悦成概念講座で学科した内.絡がぶつかったのかと確かめると、「いや、男の先牛女の先生で訴が述うので混乱した。講義は一応理解したつもり。しかし、実際、つき合う火性が判を考えているのかは、わからないから勉強したことが役立つかどうか」と話しながら、ル民性川・「と精神分析、心理学の解釈の違いを質問されたので「どちらが納得‘できるかは、円分で選択するか、時と州場人口によって使い分けするしかない」と断って、一例そあげて説明した。~-・悦科i化にお}れる?岱愛と結節「大人にな子育て咋-たとえば、成以…。心学、制仰阪中では大人になる成熟ぞ制神先述の社会化として、’己中心から他者の与え方を取込んでいく過程に焦点を当て、生物学的性差を荒.袈祝する。母親と千供の関係がぷ未・になり、礼幼児は付税の愛加をたっぷり受ける・』が必要となる。理論のもとを完成させたフロイトは男性優位のイデオロギーを疑わなかった。一点、火性学は火性の視点であらゆる中問、丸山説を兄抗し、生物学的性差よりも例性を主要祝する。女性のアイデンティティに、ステレオタイプの女らしきそ求めず、男性社会の文化がつくり出した火性像は抑川であるとして、無川にAHわせず、しぶ引する例性を比崎市.する。,と引のパートナーシップを築くためには、山山尚以外の性別役訓を必える相以来人れを主鋭、山口川んにも防相叫にかぎらず、出火一向ゎ々が係わるのをすすめる。

代って近年は集団見合方式が盛んであ第一意情報化に知れる恋愛と紡餅アルトマン等を結掛情報日アパートとすれば、パーティ・スタイルの集問兄いは、いわば得門店。会以の出身大学や職業を限定しているところが多い。なかには「オールけ十店」「オール京大」とまるでラグビーかボートの対校戦とまちがいそうな、川力性の山身大学別のお兄ANいパーティが、「サロン・ド・ヤッピ」主慌て附かれている。そのまま漫画に登場してもよさそうな、み|ミングである。そして、とうとう会員一万円の「スーパーエリート・コlス」も登場している。会の呼称は「上野の森・口、ダンの会。彫刻鑑賞のサロンふうに斡くが、お金と叩力が余ると、世の中こうなるのかと、あきれる。しかし、結婚情報産業に惑采りした商法も目立ちだした。ペーパーカンパニーの乱立て、一九八八(明和六三)年に、作地の凶民生前センターに持ち込まれた昔前計は七二五件を数え、大幅に榊加している。昨年一月に、-第一東京ー弁護士会が的資者問題の一環として「結婚紹介トラブル二O番」を二円間附設すると、二二三件の相談や苦情が集まった。男性九四人、女性三九人からで、ここでも三代が四六人と三割を上回っている。いちばん多い苦情は「商談、お見合いを希望したが一度も会えなかった」ケスで三九件(男性三四)、次いで「お見合いをしたが、相手に結婚の立図がない」三三件(男性二三てそのうちの一一人の相手はかサクラ人またはかアルバイト\であった。悪質なのは、卑T}iifl介る万円を支払わされたと訴える人もあった。電話を受けた弁護士の士口森照夫代表は、こう話していた。「悪質なのは詐欺商法に入るが、支払った金額がたいてい三された火性との辿給の行き述いから業者と三日い争いになると、マンション内にある会社のつぷて隣室へ辿れて行かれて約された例や、会政を払い込んでも梨の礁、あるいは会から四万円、て、桐人が払だまえない金額ではなく、払った後、輔されたと法的手段をとれば世間がかかり、結向、支払ったお金は取り民せないから泣寝入りになる。それに、結川町制報産業を利用していることは、他人に知られたくないから、刷りにも公けにも相談しにくい。引行の法作では、この砲の常業を監科する山口斤がなくて、野放し。屯訴を受けても、内山令は法作相談よりも、昔前、柿報提供のほうが多かった」こういったトラブルがマスメディアて紹介され始めたために、車爪都は昨年七月に消州民生活条例を改正、結婚情報産業に不適正な取引行為があった場合、立入り調査や勧告を行うとしている。

インタビューした代別性二五人は説も「紡賠柿報版業を利川しでも相手を探したい」と-一一円わなかったが、全日刊か社名は知っていた。その実状を制介しておく。アルトマンの八九年一二月の会只数は、同性一万五四O六人、女性一万二八一一人で、男性が五四・六%を占めている。年齢によって会員の「コ1ス」が定められており、男性三九歳、女性三四歳までが、都会型、地方型の二つに分けられ、一八カ月間の登録会費は都会型で男性が二二男性のは六万ヒ八OO円(同)うが向い。会日以になると、け二川、三通の相手紹介データが店き、お互いのホリ山向が一致すればお凡いとなる。川社内に設けられているアルトマン研究所の宇治点泣・主任研究以の説明では、二代火性会此は、山地--後半でガラリと態度が変わる。二代前半のニ二歳くらいまでは「いろいろな人を知りたい」とよ行ん令いゲlム。を楽しむ感什匂ところが、二O代後半になると防相続が川町して、求める相手の職業、学時、年収等共体的希望条件を花べる。「問りにいい引性がいないので、広く当って山会いの機会金探したい」と訓り切ったふう。会Lしが結節すると、れーし中止けをする取り決めになっているが、報告しない人もいる。そして「入会して結舶に至る可能性は三訓前後と考えていただければ」と。「アルトマン結婚白剤」一九八九年版によると、会見プロフィールは、年齢が男性は二七から三二歳、女性二五から二九歳に集中しており、男性の九0・二%、女性の八三・問%がサラリー・パソンで、男性の職種は技術系(合医療機関)が四凹・五%と高い訓AHを占めている。年収は男性の過半数が凶OO万円以下、女性は七割以上が二一万円以下で、学服は別性の五一%が大学、大学院本業、女性の四四・一%は短大卒。そして、男性の六七・六%が長刻、’性は七一・問%が長女、でか長男・長女社会。を反映している。男女の身長も折れ線グラフで公表されているが、羽性の一六0センチ以下はゼロになっているかμm第一章的拘i化にThiれる'.~:愛t紡鈴ら入会資絡が川われるの.であろうか。たμ』実際に入会すると、どんな経緋を辿るのか。一九八八(附和六三)年、三二歳の時、全日以AquMしたあるメーカーのサラリーマンに聞くと、彼は体験談を-話、て話してくれた。昨年秋に結航した彼は、コδ践的のけんかけ三年間、郷虫、て数川お見合いをした。「交際したいと思った人には断られ、フィーリングが令わない人は断った」。